あやしい生体認証
 あやしい生体認証
2005.3.9(水)
その他の記事| コムスンの件  | はめられた首相  | 塩村議員と、東国春知事  | 電車の運転士は、急停止急減速の揺れに無頓着すぎる  | 三谷幸喜氏の映画  | 中華三昧が元に戻った  | のりピの記者会見  | 近眼の原因  | もうやだ、というか、恥ずかしい  | 威張り散らす「MC」  | ネットユーザーの声を拾って記事に使うのやめてくんないかな  | 賞味期限(開封前)  
削除キー:   管理用:
無冠の小説家 さん】(No.1)
「天使と悪魔」に眼底の毛細血管のパターンを使うセキュリティシステムが描かれていたが、目玉をくりぬかれて使われ、突破されていた。ま、これはフィクションであり、生体でしか機能しないようにすることは可能だ。ともかく犯罪も人間の知能がなすことであり、論理的にはいたちごっこがさけられないだろうとは思う。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。