あやしい生体認証
 あやしい生体認証
2005.3.9(水)
その他の記事| STAP細胞とは何だったのか  | エコポイントのバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカーッ  | 稲田朋美は「徴兵制に最も近い政治家」  | 報道でも気になる、日本語の誤用  | ライブドアの平松社長と、俳優の中条静夫氏(画像アリ)  | 不公平  | 石原新党の恐怖  | ワシントン条約締約国会議、ミンククジラ取引解禁否決  | 高速バスが安すぎるからいかんのだ。  | 石原新党の恐怖  | カフェクロワッサン  | 黒い雪  | 本当に怖いこと  
削除キー:   管理用:
無冠の小説家 さん】(No.1)
「天使と悪魔」に眼底の毛細血管のパターンを使うセキュリティシステムが描かれていたが、目玉をくりぬかれて使われ、突破されていた。ま、これはフィクションであり、生体でしか機能しないようにすることは可能だ。ともかく犯罪も人間の知能がなすことであり、論理的にはいたちごっこがさけられないだろうとは思う。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。