悪いが、観光業には同情する気になれない。
 悪いが、観光業には同情する気になれない。
2015.5.8(金)
その他の記事| GWの悲痛  | 科学苦手は女性の生まれつき?…ハーバード大学長発言  | この人たちが、日本の宝なのだ。  | 「適量」のアルコールは想像以上、ビール1日2,800ml程度  | 畑の肉  | 原発動かさないと成り立たないよキャンペーン  | とろサーモン久保田と上沼恵美子の件  | やっぱり腐りかけのものは美味しい。  | ノンアルコール飲料!?  | 「どうして攻撃」に対する想定問答集  | 鶏処分せず、なぜ方針転換…業界「最大手だから?」  | 運転室に長男入れた東武運転士、懲戒解雇されていた  
削除キー:   管理用:
無冠の旅行家さん】(No.1)
そんなことはない。観光地のひとびとがいかに自分の地に客を呼び込もうと懸命に努力しているか、それを知らねばならない。もちろん安直に儲けようとして失敗することも多々あり、事情は複雑だ。たとえば別府鉄輪の地獄めぐりだが、昔は素朴に様々な詭景を公開しており、観光客は無料で近寄り楽しむことが出来た。だがご多分にもれず近年囲い込みがはじまり、それらを見るために入場料を弾まねばならなくなった。以来私は別府へ行っても、そこへ行く気はしなくなった。遠めに見ても寂れているようだが同情する気にはならない。
どうじょうさん】(No.2)
「棚からぼた餅」も、それを拾って売るためには工夫が必要だし、投資もしなくてはならない。地方の農村も同じである。たまたま広い土地に恵まれているというだけでは農業はできない。そこには工夫も投資も必要だ。その土地が自然災害で使えなくなったときに、土地を持たない都市部の人が「それが当たり前だろ」という意見には全く賛成できない。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。