竜三は言った。しかし
竜三は言った。しかし
2011.5.29(日)
その他の記事| 小泉政権の正体  | バングラデッシュの事件の報道が少なすぎる  | 目次に、目次自体も書くべきか  | 川端康成と東山魁夷の未公開往復書簡百通、一部公開へ  | 売るも後悔、売らぬも後悔 買うも後悔、買わぬも後悔  | 原発再稼働を議論しても良い最低条件  | 国民栄誉賞  | ゲストを2段に陳列しないでくれ〜  | プレゼンテーションソフトはいらない  | くりそつネタ  | URの暴走を止めなくて良いのか。  | 「自粛」という言葉の使い方が間違っている  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
正確にはセリフの最後に以下のような一文がなければいけなかったのだが
作家がセリフのテンポを考えて修正したのでしょう。
竜三:
”土地に裏切られる可能性も0ではないけんど。”
無冠の地域振興歴史評論家さん】(No.2)
隆三は言った。「おらは百姓は懲り懲りだっぺ。どんだけ苦労して土地さたがやしても、津波と沈下であっという間に水の下になっちまう。むなしかもんだ。おら、東京出て商売する!商売して信用つけて、顧客を持ったら、どんなことがあっても消えやあせんじゃろ。形のねえ信用は何処までも残る」そういって彼は商事会社を作るのだった。これが後世の四つ菱になるのである。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。