竜三は言った。しかし
竜三は言った。しかし
2011.5.29(日)
その他の記事| こんどの年末年始は暦が良くない、と言いますが。  | デパ地下は死んだも同然。RF1とカキヤスの猛威  | 調布飛行場 墜落事故の影響  | 検索キーワードとしての「画像」  | 小泉政権の正体  | 人からどう思われようが、自分が痛くないのがいい。  | 人からどう思われようが、自分が痛くないのがいい。  | ストリンガー氏のソニー再建計画に異議あり!(麻倉怜士)  | 『拉致問題を忘れない』  | 「違法ダウンロードの刑事罰化」問題 15日金曜日にも審議なしで採決・成立か?  | 福田首相が帰国 訪中の意義強調「大変内容があった」  | 三田線と南北線  | 菅“卑劣”原発停止は手柄横取り!バカ丸出し会見で尻拭いも  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
正確にはセリフの最後に以下のような一文がなければいけなかったのだが
作家がセリフのテンポを考えて修正したのでしょう。
竜三:
”土地に裏切られる可能性も0ではないけんど。”
無冠の地域振興歴史評論家さん】(No.2)
隆三は言った。「おらは百姓は懲り懲りだっぺ。どんだけ苦労して土地さたがやしても、津波と沈下であっという間に水の下になっちまう。むなしかもんだ。おら、東京出て商売する!商売して信用つけて、顧客を持ったら、どんなことがあっても消えやあせんじゃろ。形のねえ信用は何処までも残る」そういって彼は商事会社を作るのだった。これが後世の四つ菱になるのである。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。