竜三は言った。しかし
竜三は言った。しかし
2011.5.29(日)
その他の記事| 日米安保がためされるとき。  | 義務教育の名の下に、憲法で禁止された「意に反する苦役」が課されるのだ。  | 節電のための在宅勤務を禁止すべき  | 山口達也さんとの契約解除 本人申し出 ジャニーズ発表  | 乾燥肌対策として分かり切ったひと言  | チノパンというアナウンサー?の今後  | 「金30個取れなければクビになる人出る」 遠藤五輪相  | ファミレスは生き残れるのか  | ああ、笹井さん  | 恨みのエネルギー  | バターのこと  | パソコンがクラッシュしたといういいわけ  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
正確にはセリフの最後に以下のような一文がなければいけなかったのだが
作家がセリフのテンポを考えて修正したのでしょう。
竜三:
”土地に裏切られる可能性も0ではないけんど。”
無冠の地域振興歴史評論家さん】(No.2)
隆三は言った。「おらは百姓は懲り懲りだっぺ。どんだけ苦労して土地さたがやしても、津波と沈下であっという間に水の下になっちまう。むなしかもんだ。おら、東京出て商売する!商売して信用つけて、顧客を持ったら、どんなことがあっても消えやあせんじゃろ。形のねえ信用は何処までも残る」そういって彼は商事会社を作るのだった。これが後世の四つ菱になるのである。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。