スリッパの生活
スリッパの生活
2009.8.4(火)
その他の記事| 暗い時代が始まる  | 報道でも気になる、日本語の誤用  | 天ぷらを塩で食って、本当にうまいと思っているのか?  | 理系は東芝・日立、文系は商社が続々 - 就職人気ランキング  | 元厚生事務次官の連続殺人事件(未遂含む)  | 尖閣が危ない  | 韓国、日本メディアの報道に抗議「まだ容疑者」  | バターのこと  | 売れ残り五輪チケット  | 上山千穂アナウンサー  | がんばれコンタクトレンズ国産メーカー  | 誤送金なのに債権として回収、東京三菱銀に返還命令  
削除キー:   管理用:
afenmiさん】(No.1)
私の場合ですが、一回スリッパを履いてしまうと(最初はかみさんの強制で)、いくら部屋をきれいにしてるつもりでも、裸足で歩くと足の裏が汚れてしまう気がするんですよね。なので特にそのままベッドに入ったりと言うのは抵抗を感じてしまいます。また、汚れたと感じる裸足でそのまま歩き回ると付いた汚れを広げてしまう恐怖感にも苛まれ。。。。
三月うさぎさん】(No.2)
冬季限定の話として。廊下を移動する時に冷えた床に足裏から熱を奪われないようにする。
あと、屋内であっても稀に危険物(画鋲、虫の死骸、その他微小で鋭利な固形物等)が落ちていないとも限らないので、用心として。
床面が足裏に理想的な状態に保たれていれば、確かに実用的な意味ではスリッパは必要なさそうではあります。
無冠のライフスタイル評論家さん】(No.3)
考えても見てほしい。家でごろ寝をする場所を。やはりソファの上かたたみ敷きの座敷。最悪でも厚い絨毯を敷き詰めたリビングルームだ。そこは多分スリッパを脱いではだしでいる床空間(ベース)だろう。ス立派を履くのは冷たいフローリングの廊下とダイニングだがそんなところでごろねをする気にはならない。毎日拭いていてもやはり汚い感じが拭えないのだ。要はけじめだな。
匿名希望さん】(No.4)
逆に足の裏の汗や油で床が汚れるということも。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。