2010.1.30(土)
その他の記事| 陰湿な小沢イジメは常軌を逸している  | 腰砕けのまんだらけ  | 採点投票を廃止  | フランチャイズ加盟店という名の奴隷的身売り  | 節電のための在宅勤務を禁止すべき  | 人からどう思われようが、自分が痛くないのがいい。  | 米本土に届く核ミサイルを、北朝鮮に早く完成させてもらおう  | メトロ工事、つり上げた枕木に挟まれ4人死傷  | 今年の大型連休  | コピペ  | オリンピックもお笑いとして見れば  | 国民生活党  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
初詣:
解釈1.行事(私の解釈)
食べ物をまたがない(大切にする意識を持つ)とか、夜に口笛を吹くとヘビが出る(近所迷惑を考える)とか、なにかそういうのと同じ系列で
初詣は一年の初めに自身を引き締めるとか目標を立てるとか、そういうけじめの心の支えにできうる行事、手助け。
そういう意味でまじめに取り組み人には手助けとしてのご利益がある。
解釈2.信心の差
不幸な人間は信心が足りない。
信心の対象に間違いはなく、信心の足りない人間の方が悪い。
幸福な人は当然、信心した対象のおかげ。
神とか仏とか教義とか教s・・ゲフンゲフン・・とか。
無冠の神学研究家さん】(No.2)
神にもやおよろずがあって、人間に幸せをもたらす善神ばかりではないというのはみやすい理屈だ。わしらが祈るのは善神ばかりだけど、関わる神はいろいろある。それをコントロールすることは残念ながら出来ないということだ。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。