志願して自主的に服役する制度
 志願して自主的に服役する制度
2007.11.6(火)
その他の記事| 九州男児  | 決して絵空事ではない  | 電話の保留  | 「早起きの子どもは学校が好きで楽しい」 3都県調査  | 中国にキリスト教を  | 矢が頭を貫通したサル発見、獣医師判断で安楽死  | 決して絵空事ではない  | めざましアナウンサーの大塚範一氏と、JR東日本社長の大塚陸毅氏  | 自己弁護に徹していた班目安全委員長 学者の良心に目覚める  | フランスとイスラムと表現の自由  | 鉱山救出  | 2円玉  | カフェクロワッサン  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
外国のドラマか何かで見たのだと思いますが
奉仕活動を行うというのはどうでしょう。
刑務所は定員オーバーらしいので。

「新たに考えてボランティア」というのではなく、
既存の職場で無償奉仕でもOK。
あ、社会保険事務所で窓口対応ってのはどう?(笑)
あふぇんみさん】(No.2)
刑罰の対象にならないのなら、やっぱりお金で誠意や反省を見せるのが
いいと思います。罰金ではなくて。
第三者機関が、該当者の落ち度や経済力、社会的地位、また被害総額に
値するものなどを考慮して金額を決める。
必ずしもその金額を払わなければならない義務はないけれど、
基準額と支払額は公開される。
設定額より少なければ反省度低し、高ければ高いほど反省度は高いと
判断できないかな。
同じ罪でも5万円で反省できる人もいれば10億でも反省してないと判断される。
あぁ、その第三者機関の中の人が危ないか(笑)

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。