運転室に息子入れクビ…「厳しい」と抗議430件
運転室に息子入れクビ…「厳しい」と抗議430件  ニュース
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051111i501.htm
2005.11.11(金)
その他の記事| 夏休みの取り方  | 苦肉の策のつづき  | 窯と釜  | 近眼の原因  | 肉をうまく焼くということは?  | 「ぶれる」のは悪いことではない  | 天皇陛下に、脱原発へ向けた役割を期待する  | スポーツの連盟みたいな団体はクソだと判明した  | 反日というイデオロギー  | 破滅への道  | くりそつネタ  | コピペ  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
懲戒解雇を決めた人間は、そのことにより自社の社会的地位を貶めたとして懲戒解雇。
無冠の生贄批評家さん】(No.2)
見せしめとしてことさら酷刑におとしめる為政者がいる。これはほんの一例だ。捨てる神あれば拾う神もある。彼はだれかが救済するだろうな。tack'nのようなひとに。
狩人さん】(No.3)
責任回避の矛先は「必ず弱者へ」…これって何かガイドラインでもあるんですかね?
まぐさん】(No.4)
私も、最初にニュースを見たときには同じように「厳しすぎる」のではないかと感じました。しかし、電車の運転席というのは、ある意味で乗客の命を預かっている場所であり、たとえば、その子どもが運転室でいたずらして、事故を起こす可能性もあるわけですから、安全管理上、厳罰は仕方がないのではないかと今は考えています。
万が一これで事故が起こってしまった場合、「どれだけ人が死んでも、どれだけ損害があっても、子どもがやったことだから...」などとは言えませんよね。
このお父さんは「子どものために職を失った」わけではなく、「運転士として重大な過失を犯したから」解雇になったのです。
匿名希望さん】(No.5)
記事の最後に載っている、実際に懲戒解雇された例と比べても厳しすぎる処置だと思います。実際に重大な事故に至る前に解雇しちゃうってことか?
極刑希望者さん】(No.6)
これでもまだまだ甘い!!!
懲戒解雇だけでなく、乗客に損害を与えたとして親子ともども刑務所にか要るべし!!!
現実さん】(No.7)
ほれみろ!無駄な抵抗はやめ〜い!
(懲戒解雇確定したそうな)
山猫さん】(No.8)
「どの企業にも、どの分野にも人を裁き非難することに時間を費やす毒をはらんだモラリストが居る。腹を立てて非難と抗議で攻撃し、正義に反したと見せしめの処罰を求める。常に他人を監視しているが、自分には目を向けようとしない。」
L'ottimismo抜粋
明日は我が身、ご注意を。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。