歯ブラシの寿命は延びたのか。
歯ブラシの寿命は延びたのか。
2005.10.16(日)
その他の記事| おそるべしフェロモン  | 穴の空いたバケツ  | W杯日本戦「何で見てないの?特集」 とくダネ!に「非国民扱いするな」と非難轟轟  | 民主党の新党名  | くりそつネタとは何か。  | 爆笑問題の太田光  | エコポイントのバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカーッ  | 社名  | 新番号案内料金、NTTの説明「不十分」 公取委調査  | 中国漁船の犯罪は棚に上げ、映像流出については中国に謝罪するのか  | トイレの手洗い  | 首相肝いりの「日本版サマータイム」 “女性活用”に思わぬ矛盾  
削除キー:   管理用:
匿名希望さん】(No.1)
ビジネスとしてそんな「技術革新」が起こるとは思えないな。
子どものころは力任せに磨いてただけなんじゃない?
(本物)管理人(本物)さん】(No.2)
力の強さでいったら小学生の時分と大人になった今では比較にならない。というより、実感しませんか?おかしいなあ。
まぐさん】(No.3)
どれだけ「すごい」技術革新があったのかは定かではありませんが、たとえば、LIONではPPT「形状安定毛」というのを採用した製品があるそうです。
http://www.lion.co.jp/press/2003122.htm
また、このような新素材を使っていなくても、90年代の新製品競争の折に、植毛技術も競争の対象になっていたそうです。
http://www.asahi.com/business/update/1005/132.html
ということで、歯ブラシのような日用品でも、技術革新は日々行われていると考えて良さそうです。
無冠の家電品批評家  さん】(No.4)
プラスチックはB29の風防にも使われていた歴史があるが、ナイロンひとつとっても戦後から現在にかけての様々な技術革新(耐熱、硬度、強度などの改良と様々な特殊仕様製品の出現)は専門家でも完全な把握が出来ないほどだ。歯ブラシの寿命が伸びたのもその延長線上にあり、何も驚くほどのことではないと思う。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。