若手保護司の確保へ新制度 「監禁」受け法務省方針
若手保護司の確保へ新制度 「監禁」受け法務省方針  ニュース
http://www.asahi.com/national/update/0524/TKY200505240285.html?t
2005.5.25(水)
その他の記事| 不潔なATM  | 尖閣沖衝突、中国人船長を処分保留で釈放  | しかし、ロト6ってのは...  | 「最後まで必要ない」  | ブッシュ氏、顔の勝利か  | 企業の生き残りを賭けた経営統合(合併)って?  | 決して絵空事ではない  | もうやだ、というか、恥ずかしい  | 露、日本に宇宙船共同開発を打診  | STAP細胞とは何だったのか  | 都議会の野次の件  | 野菜・果物を1日100g食べるごとに、食道ガンのリスクが10%減  
削除キー:   管理用:
無冠の時節評論家さん】(No.1)
これはボランテアの精神を先取りした先鋭的な制度なのだ。民間がするから意味があるのであって、公務員が仕事としてするのは意味がない。制度を否定する前に、出来る人間が減ってきていることの原因を分析するのが先だ。ふてくされてボランテアに参加する人間は少数派、くずだと思うぞ。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。