埼京線に痴漢防止カメラ、年内にも一部車両に
埼京線に痴漢防止カメラ、年内にも一部車両に  ニュース
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091214-OYT1T01151.htm
2009.12.15(火)
その他の記事| 露、日本に宇宙船共同開発を打診  | W杯でチラチラ露出している「英利集団」って何!?  | 地震の原理  | お祝いの誤謬と正しい公式  | ほのぼの日記  | 川端康成と東山魁夷の未公開往復書簡百通、一部公開へ  | 財務省は恥ずかしくないのか  | 結婚式のスピーチ  | NOVA受講生「支援と言えぬ」 授業料返らず  | なぜ、あの人の話はつまらないのか。  | 本体にも従電源ボタンを。  | 日本一暑いまちも節電、ドライミスト運転を削減  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
これが抑止効果につながればとは思います。
これ以上は
車両天井の前後にレールを渡し
全周型のカメラを往復させるくらい?(できるだけ真上から監視する)
それでも手元を隠すのは簡単か。
では映像をリアルタイムで監視する人をつけて、怪しい人をチェック、現場の警官に伝える?
どれだけ莫大な費用が善意の乗客の運賃にかかるのか。
痴漢なんてをする奴がいるからこんなことになる。

冤罪であろうとなかろうと、
痴漢被害そのものが嘘であろうとなかろうと
痴漢被疑者が痴漢被害を訴えた人の近くに立っている。
十分に空いていたときの痴漢事件には効果があるでしょう。
(管理人さんは特定の事件を思い浮かべるでしょうし、意地悪を言えば、管理人さんにとってはそれだけで十分なのかも)
しかし大多数である、ラッシュ時の被害にはなかなか。
明らかに「私は両手でつり革をつかんでいました!」という証明にはなりますが、
そうなったらそうなったで被害者や警察は
じゃあ手ではなくひざだったのかも、
だって触られたのは事実で、触れたのはこの人しかいないのだから!と言うでしょう。
被害者に悪意は無くても、です。
(本物)管理人(本物)さん】(No.2)
なるほど。ちょっと浅薄だったかも。
でも、下から映すカメラだったら、証拠能力もカンペキでいいですね。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。