発明・特許は誰のもの?
発明・特許は誰のもの?
2014.10.27(月)
その他の記事| 議論に勝ったら、それが正しいのではない。  | 松茸  | どんな時に食べ物を捨てますか? 食品ロス、半分は家庭  | スマートフォンでSNSを見ているほど無駄な時間はない  | 透明ATM  | 苦肉の策  | 三谷幸喜氏の映画  | 株は紙切れではない  | 放射能汚染食材の買取・廃棄事業 - 東日本大震災の寄付・受け皿団体  | 神津島  | 運転室に息子入れクビ…「厳しい」と抗議430件  | 「我々はアイヌの血を引く蛮族」民主・山岡氏 直後撤回  
削除キー:   管理用:
無冠の特許評論家さん】(No.1)
そういう形式上の問題ではないのだ。法人と個人が少なくとも対等に利益を按分できるかどうか(それだけでも個人には勝利だが、企業はとんでもない、馬鹿いうなと思っている。)という現実的な問題なので、まず形式的な権利の帰属という正当性の理念をどう理論化するか(all or nothing)でどちらもゆずらないのはそのためだ。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。