発明・特許は誰のもの?
発明・特許は誰のもの?
2014.10.27(月)
その他の記事| 30年間で交通事故により自分が死亡する確率は0・2%、自宅が火災に遭う確率は2%  | さあ、今日は「安倍による憲法改正」を問う選挙だ。  | 本質的な問題は、体罰ではない  | 悪いが、観光業には同情する気になれない。  | 小間切れ肉を買ってきて、さらに切らねばならぬ件  | 紙をムダにしたって  | 「三越本店(日本橋)」の閉店 自分の寿命とどっちが先か?  | ビッグデータの名の下に正当化  | 誤送金なのに債権として回収、東京三菱銀に返還命令  | 小指の爪だけ伸ばしてるオジサン  | 洞爺湖サミットが怖い  | 明日も首相官邸に行きます!  
削除キー:   管理用:
無冠の特許評論家さん】(No.1)
そういう形式上の問題ではないのだ。法人と個人が少なくとも対等に利益を按分できるかどうか(それだけでも個人には勝利だが、企業はとんでもない、馬鹿いうなと思っている。)という現実的な問題なので、まず形式的な権利の帰属という正当性の理念をどう理論化するか(all or nothing)でどちらもゆずらないのはそのためだ。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。