発明・特許は誰のもの?
発明・特許は誰のもの?
2014.10.27(月)
その他の記事| 甲州産ワイン(旧・勝沼ワイン)の押し売りにうんざり  | 鳩山由紀夫さんを慰める会  | 足湯でレジオネラ菌感染、掃除の男性入院 鹿児島  | 首相肝いりの「日本版サマータイム」 “女性活用”に思わぬ矛盾  | 訃報  | 甲信越ってヘン  | 原発選挙  | つまんないなあ  | 国家財政の切り札としての偽札  | いいなあ、天下りできる人は。  | ノンアルコール飲料!?  | 昔、サンドイッチが好きだったのは。  
削除キー:   管理用:
無冠の特許評論家さん】(No.1)
そういう形式上の問題ではないのだ。法人と個人が少なくとも対等に利益を按分できるかどうか(それだけでも個人には勝利だが、企業はとんでもない、馬鹿いうなと思っている。)という現実的な問題なので、まず形式的な権利の帰属という正当性の理念をどう理論化するか(all or nothing)でどちらもゆずらないのはそのためだ。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。