本質的な問題は、体罰ではない
本質的な問題は、体罰ではない
2013.2.1(金)
その他の記事| ボキャブラリーの枯渇  | いいなあ、天下りできる人は。  | フィギュアはオカマのスポーツ  | 様を「さま」と書く人  | テツ and トモ  | きんぴらつくった  | 独裁者の予感  | 春の嵐 2人が死亡、航空便150便が欠航  | パスポートを忘れた!  | TVコマーシャルがなぜ、ウザイか  | 新番号案内料金、NTTの説明「不十分」 公取委調査  | ほら、フィギュアスケートなんて  
削除キー:   管理用:
無冠の公務員批評家さん】(No.1)
まあまあ…。それをいうなら教師は感情を完全に排した教育ロボっトデなくてはならないということだろう。熱血教師は涙も流すし怒りも抑え切れないときもある。それが人間だし、にんげんだからこそ同じ人間である生徒を惹きつけるのだ。難しいことだが、完璧は不可能だし名案はないと諦めよう。
匿名希望さん】(No.2)
日本はまだまだ体罰を容認する人間が多い
先進国として恥ずかしい事だ

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。