本質的な問題は、体罰ではない
本質的な問題は、体罰ではない
2013.2.1(金)
その他の記事| カレーライスには福神漬けだというのに  | イスラム国(1月25日速報)  | 菅首相は引きずり下ろされねばならぬ  | 「今すぐ」って、うぜぇ  | あなたの好きなのは好きじゃない!  | 山手線新駅、カタカナ駅名は勘弁してくれ  | 「財源に穴が空く」とは言うが、「道路が造れなくなる」とは言わない  |  「箱根山」表記、報道も変更を 黒岩知事が呼び掛け  | まだ、腹の虫が治まらない  | 正八面体  | マンション vs 一戸建て  | ワイヤレススピーカー  
削除キー:   管理用:
無冠の公務員批評家さん】(No.1)
まあまあ…。それをいうなら教師は感情を完全に排した教育ロボっトデなくてはならないということだろう。熱血教師は涙も流すし怒りも抑え切れないときもある。それが人間だし、にんげんだからこそ同じ人間である生徒を惹きつけるのだ。難しいことだが、完璧は不可能だし名案はないと諦めよう。
匿名希望さん】(No.2)
日本はまだまだ体罰を容認する人間が多い
先進国として恥ずかしい事だ

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。