お祝いの誤謬と正しい公式
 お祝いの誤謬と正しい公式  雑学
2006.2.24(金)
その他の記事| サラリーマン川柳  | 待ってました!  | JALの年金  | 君はいったい、どこを向いて政治をしているのか。  | 地震の原理  | 「年俸が低ければ評価が低いってこと」  | 電子レンジのナゾ  | 安否情報  | 泣ける=いい?  | 調布飛行場 墜落事故の影響  | うまい棒  | おそるべしフェロモン  
削除キー:   管理用:
正しい式はさん】(No.1)
1:11(誤)→0:10(正)
筆者は「相殺(そうさつではない)」という言葉を知らないということを示している。
(本物)管理人さん】(No.2)
はぁ??(@o@)??
まっぴさん】(No.3)
これって、飲み会を2回やったと考えて1:2じゃダメ?
例えば、わかりやすいように合計9万円だとしたら
1回目4万5千円を新婚の彼を除いた9人で割ってひとり5千円
2回目4万5千円を新築の彼を除いた9人で割ってひとり5千円
合計すると、新婚の彼と新築の彼は5千円づつ、残りの8人は1万円づつ。
どうでしょう?
(本物)管理人さん】(No.4)
>まっぴさん
スバラシイ!計算が簡単になる上、おごる側の負担が減って、大変いいですね。
祝われる人が3人だと、飲み会を3回やったと考えて、2:3ですか。
mに関係なく、祝われる人がn人の時に、
  n−1:n
ということですね。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。