朝から
朝から
2009.2.11(水)
その他の記事| URの暴走を止めなくて良いのか。  | 山頭火というラーメン屋  | スポーツ選手は、赤貧でなければいけない  | 減塩の実態とは  | 甲信越ってヘン  | 誰かがやらなきゃならないからこそ、私がやる必要はない。  | 国民生活党  | 世界遺産で外交敗北  | 目には目を、風刺画には風刺画を  | ネットユーザーの声を拾って記事に使うのやめてくんないかな  | カレーとキムチとソースは別格。  | 爆笑問題の太田光  
削除キー:   管理用:
無冠の日本食生活研究所所長代理代行さん】(No.1)
朝から夜へ向かうにつれて軽いものからヘヴィーなものへ向かうのは次第に食事の時間的余裕が増えていくという彼らの生活リズムと習慣がそうさせるのであって、身体的な必要性からいけばむしろ逆立ちした非科学的なものだろう。だからゆっくりと腹が落ち着くだけの時間が取れれば、現代のビジネスバトラーたちがむしろ朝からステーキなどを食べてその日の体力の酷使に備えるのは理にかなったものといっていい。もっとも、現代の平均的夕食の量が彼らの一日の実質的肉体的必要量からみて相当に過大であることは明白であり、これはまた別の問題だが。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。