かむ
かむ  日本語
2008.10.22(水)
その他の記事| バレンタイン商戦 2012年 百貨店編  | さくら漬け  | 給与カット前に…大阪市バス121人が退職希望  | 特別会計――ああ、すき焼き食べ放題  | CDやDVDの寿命はどれくらいですか  | めざましアナウンサーの大塚範一氏と、JR東日本社長の大塚陸毅氏  | 予想して、買いに。  | 腰砕けのまんだらけ  | 眞鍋かをり  | スポーツの連盟みたいな団体はクソだと判明した  | 事業仕分けって、目標額に遠く及ばず失敗だったのかと思ったけど  | アボガドロの功績  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
俗に,言葉がつかえたり,言葉を言い間違える。
〔舌を噛むことから。もともとは放送業界などの用語〕
三省堂提供「デイリー 新語辞典」より
ネット検索、転載
無冠の差別擁護倫理委員会しんぱさん】(No.2)
差別用語問題に果敢に抵抗したさる大物SF作家もおられたが、私なんかももっとプロの援護射撃があってしかるべきだと思ったな。大体、言葉は民族の共有財産だ。これをほんのひとにぎりの少数者が私物化して使えなくしてしまうというのは不条理であり、元来そんなだいそれた権利はない。差別問題はすぐ逆差別の問題を引き起こすものだが、これはもっと議論が必要だろう。どんな少数者でも少数者を売りにして権利意識に溺れず、寛容の精神を持つ必要があることを知らねばならないだろうな。そうしてはじめて大向こうの支持が得られるものだ。
匿名希望さん】(No.3)
差別用語がなくなっても差別がなくなる訳じゃないよな

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。