野菜・果物を1日100g食べるごとに、食道ガンのリスクが10%減
野菜・果物を1日100g食べるごとに、食道ガンのリスクが10%減  ニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/t10013663491000.html#
2008.8.23(土)
その他の記事| 相変わらず事故を想定しない体質で、4号機の処理にあたっているのか。  | クリソツネタ  | マスメディアと国益  | 池上彰も、テレビ局の「忖度」に従うのか?  | 「憲法改正=徴兵制」なのです。  | イッテQ問題 何が悪いのかが分かっていない関係者たち  | ベーコンなどの加工肉に発がんリスクが存在するとWHOが発表  | 「選択と集中」より、「総花主義」であって欲しい  | スムーズとは。  | 自転車の規制  | 私のアタマは放射脳汚染されている  | 哀れな使い捨ての首相  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
同じくガンになった時点を基準に言えば、仮に100g多くの野菜を食べていていたら、10%の確率でガンにならなかったということである。
仮にガンになっていても状況は今と変わらないのであり、(示された情報が全てであるなら)良い方向にのみ力が作用している。
つまり、100g多くの野菜を食べていたらガンになる確率は減るが、ガンになった場合は症状の進行が早くなる、などといった悪影響がないのだから。
副作用(デメリット)が無い薬を飲むのと同じである。
無冠の大衆行動評論家さん】(No.2)
この記事を書いた人間の目的達成度から攻めて見よう。この記事のよって野菜を100g多く食べる人間が0.1パーセント増えたとすると、大腸がんにかからずに済んだ人間は0.01パーセント増えたことになる。これは日本全国で見れば百万人になり、実施した人間がその中に含まれる可能性は高い。交通事故死よりも2百倍も大きい数字なのだ。野菜を食おうではないか!

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。