ニセ札対策としてのダイカット
 ニセ札対策としてのダイカット
2005.2.27(日)
その他の記事| 談合坂という地名  | 米朝開戦目前  | 東国原総理  | スリッパの生活  | ヨルタモリ  | きんぴらつくった  | 財源に特別消費税なども…民主が復興基本法案  | 本質的な問題は、体罰ではない  | 「今すぐ」って、うぜぇ  | 満面の笑みの金正恩  | 死刑制度とか  | 迎撃はやめた方がよい  
削除キー:   管理用:
無冠の貨幣研究家さん】(No.1)
面白い発想だ。しかし裁断のあとに1枚一枚ダイカットが必要になるし、紙幣の寿命が短くなり、そろえるのが困難になって自動機メーカーは頭を抱えるだろう。やっぱ、名案とはいえないな。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。