ニセ札対策としてのダイカット
 ニセ札対策としてのダイカット
2005.2.27(日)
その他の記事| 表現と言論と結社の自由、アハハン  | 国内の温泉で、軽油を作る微生物を発見  | 東北本線と高崎線  | 一日3回薬を飲むと言うこと  | 二番目にお待ちのお客様  | スポーツの連盟みたいな団体はクソだと判明した  | ZAKZAKリニューアル  | 造反議員  | ビールじゃない酒なんて。  | 九州男児  | 北朝鮮  | 希望が打ち砕かれた。  
削除キー:   管理用:
無冠の貨幣研究家さん】(No.1)
面白い発想だ。しかし裁断のあとに1枚一枚ダイカットが必要になるし、紙幣の寿命が短くなり、そろえるのが困難になって自動機メーカーは頭を抱えるだろう。やっぱ、名案とはいえないな。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。