ニセ札対策としてのダイカット
 ニセ札対策としてのダイカット
2005.2.27(日)
その他の記事| 空しい五輪  | ウニという食べ物は、どうして、かくもベロみたいなのか?  | イージス艦  | 福島の原発事故と、天安門事件の、類似  | 北海道の国道  | 蓮舫の会見  | こんどの年末年始は暦が良くない、と言いますが。  | ネットユーザーの声を拾って記事に使うのやめてくんないかな  | キングサーモン  | 社説  | この国の独裁は、そのままアメリカによる支配を意味する  | 無理心中ということ  
削除キー:   管理用:
無冠の貨幣研究家さん】(No.1)
面白い発想だ。しかし裁断のあとに1枚一枚ダイカットが必要になるし、紙幣の寿命が短くなり、そろえるのが困難になって自動機メーカーは頭を抱えるだろう。やっぱ、名案とはいえないな。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。