ニセ札対策としてのダイカット
 ニセ札対策としてのダイカット
2005.2.27(日)
その他の記事| 塩分15%,18%,20%超の梅干しは、一体どこに売っているのか。  | どうして自民は惨敗したのか - 参議院選挙  | 「グラタンの皮だけ」のレシピ  | 黒い雪  | CM飛ばされ、ガクガク ブルブル…民放  | のりピの記者会見  | 国旗・国歌「強制でないのが望ましい」天皇陛下が園遊会で  | 赤飯のおにぎり  | 売り言葉に買い言葉  | 畑の肉  | 明日の首相官邸デモ、行きます!  | 食品加工と料理店のダブルスタンダード  
削除キー:   管理用:
無冠の貨幣研究家さん】(No.1)
面白い発想だ。しかし裁断のあとに1枚一枚ダイカットが必要になるし、紙幣の寿命が短くなり、そろえるのが困難になって自動機メーカーは頭を抱えるだろう。やっぱ、名案とはいえないな。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。