保険というのは
保険というのは
2005.2.24(木)
その他の記事| さらば菅  | 中韓も驚き・感動…電車押し救助、世界が絶賛  | 目には目を、風刺画には風刺画を  | 安倍君、君の進むべき道はない。  | 国旗・国歌「強制でないのが望ましい」天皇陛下が園遊会で  | 出勤前のビール  | 「北朝鮮、潜水艦発射弾道ミサイル実験に成功」の脅威  | 一日3回薬を飲むと言うこと  | 空の便  | 陰湿な小沢イジメは常軌を逸している  | ビールじゃない酒なんて。  | 上山千穂アナウンサー  
削除キー:   管理用:
無冠の保険評論家さん】(No.1)
保険で儲けよう(保険団体、被保険者双方が)ということ自体不純でせこい。これは危険分散相互扶助のシステムであり、優れて国家の仕事なのだ。必要最小限のファンド、プールで低コストの生活保障が出来るはずだ。だが国家の保険群も馬鹿官吏どもが勘違いしてがっぽりためすぎ、いらぬ運用をして欠損をだしたりしている。自賠責なども一本化するべきだろうと思う。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。