保険というのは
保険というのは
2005.2.24(木)
その他の記事| 美白の化粧品にも、日本皮膚科学会がガイドラインを出して欲しい  | マスメディアと国益  | 本当に怖いこと  | QUOカードの弱点は、紛失リスクの他に...  | 7年後 放射能で おもてなし  | ボキャブラリーの枯渇  | わざわざ書くことでもないのだが  | 全会一致の履き違え  | 年賀状 "直筆メッセージ強要厨”の件  | 自転車の規制  | かけがえのない鮭  | 待ってました!  
削除キー:   管理用:
無冠の保険評論家さん】(No.1)
保険で儲けよう(保険団体、被保険者双方が)ということ自体不純でせこい。これは危険分散相互扶助のシステムであり、優れて国家の仕事なのだ。必要最小限のファンド、プールで低コストの生活保障が出来るはずだ。だが国家の保険群も馬鹿官吏どもが勘違いしてがっぽりためすぎ、いらぬ運用をして欠損をだしたりしている。自賠責なども一本化するべきだろうと思う。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。