県職員「同性愛は異常でしょ」と投稿…処分検討
県職員「同性愛は異常でしょ」と投稿…処分検討  ニュース
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151202-OYT1T50016.html
2015.12.2(水)
その他の記事| 冬から一気に夏の異常、天変地異の先触れか!?  | 「うどん県」でも郵便届けて…要潤さんがお願い  | 胡国家主席:「日中関係は大きなビルの建設。ビルは一瞬で壊すことが可能だ」  | 今年の流行語大賞って、「排除します」なんだろうか?  | 45リッターゴミ袋  | ローカル線維持のために、高齢者から運転免許を取り上げるのだ。  | 菅“卑劣”原発停止は手柄横取り!バカ丸出し会見で尻拭いも  | 年賀状 "直筆メッセージ強要厨”の件  | おでん100個を自爆営業 ブラックバイトと闘うには  | 銀行の対東電債権放棄  | 採点投票を廃止  | 徴兵制のこと (2)  
削除キー:   管理用:
無冠の文化人類学研究家さん】(No.1)
これは言論の自由には値しない暴論であり差別発言だ。それが2chなどでかきこまれたのならともかく、無視できるが「県職員」は立派な公的立場の人間だ。影響力はある。この馬鹿は処罰せねばならないぞ。
(本物)さん】(No.2)
差別と、言論の自由は、いつもギリギリのせめぎ合いだ。問題は差別とそうでないものの線引きが恣意的でしかありえないから。だから、政府や為政者の差別「的」発言は問題化も知れないが、民間人のそれは封じてはいけない。それをすると、やがては「それは差別だ」というレッテルを貼ることで、多くの言論の自由を奪うことになるだろう。
無冠の文化人類学研究家再びさん】(No.3)
自由は国民の権利だが、人権の遵守擁護という義務も併せ持つ。それらの権利は公共の福祉のためにあるのであって、乱用してはならないとある。また公務員を罷免する権利は国民の権利であると憲法には書かれている。これはまあ、常識だ。「同性愛…」が最近法廷で認められた同性婚にひっかけて、関係者を侮辱するものであることは疑えない。暴言であり差別的発言だというのはこういうことだ。言論の自由などと事案をぼかすのはそれこそ恣意に犯罪者を擁護することではないのか。
この件についてこれ以上は以後書かない。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。