放射線の法律を除外した、企業の「コンプライアンス」などあり得ない
放射線の法律を除外した、企業の「コンプライアンス」などあり得ない
2012.2.23(木)
その他の記事| どんな時に食べ物を捨てますか? 食品ロス、半分は家庭  | 麺類の本当のおいしさ(解説編)  | 味噌  | GWの悲痛  | 苦肉の策のつづき  | わが局は、清廉な女学生に破廉恥なことをさせるスタイルなのだから、「バージン」以外はお断りなのだ。  | 窯と釜  | しかしモンゴル人ってのは日本語下手だね。  | 政局は大事  | 調布飛行場 墜落事故の影響  | おそるべしフェロモン  | 7年後 放射能で おもてなし  
削除キー:   管理用:
無冠の機械屋さん】(No.1)
機械的コンプライアンス:たとえばばね定数の逆数など(時々の状況に応じた適応性、柔軟性のこと)
つまり、現状の困難さをうまく乗り切る能力のことだろう。ベクレル数を無難に解釈して産物を市場に柔軟に適応させること?
従来より食品ほど不正がまかりとおってきた産品はない。食われてしまえば証拠は消えるということだ。倫理性がこれほど必要とされるものもないのだが。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。