迎撃はやめた方がよい
迎撃はやめた方がよい
2009.4.1(水)
その他の記事| 造反議員  | 甲州産ワイン(旧・勝沼ワイン)の押し売りにうんざり  | おたがいさま  | 渋谷の過去・現在・未来を体感! 「東急プラザ渋谷タイムスリップギャラリー」開催中  | 紙をムダにしたって  | 冬から一気に夏の異常、天変地異の先触れか!?  | アジフライ  | 増税と緊縮財政は異なる。  | すごいぞネット  | 中国?の潜水艦が領海侵犯、政府が海上警備行動発令  | 稲田朋美は「徴兵制に最も近い政治家」  | アスパラのステーキ  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
報道を良く確認するべきである。

通常飛行(打ち上げの成功)している物体を打ち落とすのではなく
打ち上げ失敗などで領海、本土に落ちてきた場合に打ち落とすと言っているのである。
迎撃の成功率に疑問があることは多くの人が想像している。
その射程では日本全土をカバーするにはトンデモ無い台数が必要であることも。
北朝鮮がミサイルを撃とうと思えば、
迎撃率に関係なく撃ってくることなど幾らでも可能なのだ。

えと、、500文字ちょいしかない投稿で
「1000文字以上はダメヨ」と出るのですが
これは私の日頃の行いかが悪いからでしょうか。
う〜ん。
自分では聖人君子のつもりだったのに。
Pちゃんさん】(No.2)
(続き)
本来は報道規制して配備状況など隠すべきであるから
大々的に報道させているのは支持率回復(不支持気運の解消?)と
迎撃配備の既成事実化であろう。
だからと言って
(その能力があるかは別にして)北朝の核攻撃が怖いからと
「これは人工衛星である。敵視国日本の上空を通過するが迎撃したら攻撃する」と
言われて配備を解くなら
それこそ北朝鮮に好きなときにミサイル(核)を撃ってくださいと言っているようなものだ。

ミサイルの発射が事前にばれるような監視された状態で
どこの国が
「このミサイルには核が積んである。目標は日本。発射は1ヵ月後」と言って撃つのか。
脅してしてなら別だが、本当に撃ちたいならそんなことは言わない。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。