すじこはしゃけの子
すじこはしゃけの子
2008.8.31(日)
その他の記事| 結婚式のスピーチ  | さすがニッポンだ、あきれた。  | アサヒ一番麦  | 体罰禁止  | 結末 - 32 14 41 20 28 11 27  | 中国の主張正当と米専門家・沖ノ鳥島問題で米紙報道  | 年金・知られざる公務員優遇 掛け金は安いのに、給付額は民間より高い仕組み  | 鉄板ネタを持つ政治家  | 七夕の願い事  | 三浦瑠麗女史の違和感  | 細川護煕なら負けるわけにはいかない  | 社説  
削除キー:   管理用:
あんさん】(No.1)
今日、はじめて拝見させていただきました。このコラムに対してのコメントではないのですが
以前、調剤薬局について書かれてましたよね?
あの2つの意見には大賛成です!!
私も薬剤師で、以前は調剤薬局に勤務しておりましたが、無駄な薬は一向に減ることなく
結局は医者の言いなりの投薬(ホントに投げて渡すってカンジです)。
添付文書だって、一般の医薬品を購入したときについてるような、あんなちゃんとしたものではなく、
写真入りで「眠くなるかもしれません」という類の説明だけ。本来なら危険な副作用が羅列されてるの
にもかかわらず!です。
調剤薬局は薬価の引き下げなどで、経営が厳しくなったと言われてますが、タックン(でよろしいですか?)
が指摘されてるように、あんな小さな建物に何人もの人間を使えるほど、利益があるのです。
医療費が膨らんでいってる原因の1つにはこの調剤薬局の存在も私は否定出来ないのです。

Y.Fさん】(No.2)
ぼくはすじこがあるのをはじめてしった
(本物)管理人さん】(No.3)
 実験の結果、単純に、ほぐしていない「生すじこ」を、醤油と(煮切っていない)酒で一昼夜漬けるというので満足が得られました。
 ついでながら、「いくらの醤油漬け」の数あるレシピ(ほぐし方から、漬け汁まで)の中で、単純に塩水の中でほぐし、醤油と煮切っていない酒で一昼夜漬けるというのが、(私的に)ベストだという結論に達しました。ベターホームのレシピですが。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。