ムハンマドの風刺画
ムハンマドの風刺画
2015.1.22(木)
その他の記事| シミにもソバカスにも効かない件  | 「初めて外泊しました」  | イスラム国(1月25日速報)  | ストリンガー氏のソニー再建計画に異議あり!(麻倉怜士)  | 原発は日本の生命線?  | 美人の写真をクリック  | ******会員情報、900人分流出か 総務省が指導  | 苦肉の策のつづき  | 楽天TBSの件  | コカ・コーラ120→130円に 4月増税時に値上げ  | 議論に勝ったら、それが正しいのではない。  | NOVA受講生「支援と言えぬ」 授業料返らず  
削除キー:   管理用:
無冠の人間精神研究家さん】(No.1)
人間が「表現の自由」を重要なことだと考えたのは、表現(訴え)≠意味の表現≠言葉(による表現) と考えたからだろう。つまり、共通の言葉による訴え同士の対決、論争によって妥協が図れる(更に高次元での解決の可能性がある)という未来への展開を信じた故だろう。ここには感情の対決は考えられては居ない。甘い考えだろうか。
つまり、
どんな自由も許されるという原始的な思いから人間は進歩するべきだし、当然ながら人間世界は矛盾した自由同士の争いから、言葉での論争を経て妥協し、洗練された表現へ向かわねばならないちうことだ。
フランスともあろう国がこういうことに気づかないはずもないと思うが、どうもレベルの低い論争が続くことだ。なさけない、失望してしまった。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。