外国人参政権の法制化
外国人参政権の法制化
2010.2.8(月)
その他の記事| 正しいことをしたければ、えらくなれ。 貴乃花の屈辱  | 節約するから。大事に使うから。  | フランチャイズ加盟店という名の奴隷的身売り  | 日本のプレッツェル  | 山本太郎にはイバラの道が待っている  | 新国立競技場の計画は、太平洋戦争の再来なり  | 安否情報  | ほのぼの日記  | カルデラ噴火のこと  | あなたの好きなのは好きじゃない!  | 空しい五輪  | 安倍首相が五輪出席  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
ごもっとも。
日本の政治は日本人(日本国籍を有するもの)が決めるべきで
当然ではないか。
こんなことを認めれば
例えば西の大陸から何億もの外国人が押し寄せてきて、日本を法律から憲法から自由にできてしまうではないか!
現実的に出来るかどうかが問題なのではなく”机上であっても出来うる”ことが問題。
(念のために私は特定の人種、国を蔑む考えなどまったくないことを明記しておきます)
Pちゃんさん】(No.2)
”地方参政権”でしたね。
こんなことを認めれば
日本を法律から憲法から自由にできてしまうではないか!

都道府県の条例を自由にできてしまうではないか!
企業誘致で便宜を払うことも自由になるし、公共事業の陳情も(以下略)
無冠の政治家評論家さん】(No.3)
要はね、すじを通そうということなのです。在日にも税金は要求して、その税金を決める政治に関わらせないというのは、やらずぶったくりではないか?ということ。
亀井さん、ミカケヨリけつの穴がちツちゃいよ。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。