歩く細菌
歩く細菌  疑問
2009.7.1(水)
その他の記事| ほら、フィギュアスケートなんて  | 誤送金なのに債権として回収、東京三菱銀に返還命令  | 文明の利器  | 稲田朋美は「徴兵制に最も近い政治家」  | 「対テロ戦争」について  | 矢が頭を貫通したサル発見、獣医師判断で安楽死  | 小間切れ肉を買ってきて、さらに切らねばならぬ件  | こんどの年末年始は暦が良くない、と言いますが。  | 「メスは闘犬に使えない」土佐犬の子犬3匹、川に捨てる  | 『姑息』の件  | 利用規約  | 「適量」のアルコールは想像以上、ビール1日2,800ml程度  
削除キー:   管理用:
無冠の生物学評論家さん】(No.1)
協力者からの転記
>食事中に数cm単位で能動的に移動できるばい菌はいない。しかし、箸を持たない手は茶碗を持ちますから、茶碗の縁にばい菌が付着するのは間違いない。そこにご飯または箸の先端または口が接触すればアウト。また、箸自体も、特に意識していない限り、その先端が指に触ることはある。またばい菌が箸表面から落下してご飯の上に落ちることも有り得る。

細菌は空中を気流に乗って移動する。また水中なら鞭毛などで泳ぎ回るものもある。数時間単位で増殖し、触手を伸ばしていくものもあるが食事中に箸の上を目だって動くほどの速度はない。問題は箸の上が乾いていることだ。ばい菌は乾燥をことのほか嫌う、つーか長時間生きてはいられない。可能性は土壌などに多量に生きるとびむしだろう。手が土で汚れていれば、そのなかに肉眼でかろうじて確認できるこの種の生き物が存在して、箸を橋に食べ物へ飛び込んでいくことはありうる。とびむしはばい菌ではない。だがその体にばい菌をつけているだろうことは想像に難くない。
(本物)管理人(本物)さん】(No.2)
なるほど、するどい考察ですね。少し、疑問が解決したような気がします。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。