「財源に穴が空く」とは言うが、「道路が造れなくなる」とは言わない
「財源に穴が空く」とは言うが、「道路が造れなくなる」とは言わない  政治・経済
2008.4.1(火)
その他の記事| 英小文字 r の筆記体がなぜあんな形になるのか  | わらうところで手を叩く  | 渋谷の過去・現在・未来を体感! 「東急プラザ渋谷タイムスリップギャラリー」開催中  | ライブドアの平松社長と、俳優の中条静夫氏(画像アリ)  | お嬢様の目は、節穴ですか?  | 東国原総理  | 安倍=戦争。明後日は戦争を止める選挙だ。  | 「うどん県」でも郵便届けて…要潤さんがお願い  | フランチャイズ加盟店という名の奴隷的身売り  | 売るも後悔、売らぬも後悔 買うも後悔、買わぬも後悔  | どうしても消費税を上げるというなら  | NHKに警戒せよ  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
ガソリン税を廃し、価格を下げるとCO2削減にマイナスだという。
ならば高速道路など伸ばさず、公共交通機関の利用を推進すべき。
混雑区間車線増、第2○×道路など作っては通行量を増やす結果となり、CO2削減にはマイナス効果だ。
(一部過疎地へのライフライン確保を除くが、これも究極的には都市部への移住を推進すべき)
無冠の政治評論家さん】(No.2)
ガソリンの値が下がって経済全体が減税効果、生産コスト低下などで景気が上向くか、土木産業の大打撃で金が回らなくなり景気が落ち込むか、はたまた(ガソリン値の低下で)余計なドライブ車が増えてCO2が増すのか、道路新設のカットで車の増加が抑えられ、結果的に将来のCO2増加が抑えられるのか。これらは結局ちょっと複雑な連立方程式で解ける問題だろう。スーパーコンピュウタで解を出す動きはあるのか。それとも政治家どもの力関係でなしくずしに結果を出すのか。将来に悔いを残さないように動かねばならないだろう。わしは(安いガスは)無責任だが面白い実験だと思う。


【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。