理工系の本
 理工系の本
2008.3.30(日)
その他の記事| まい泉 とんかつサンドの豚肉の産地  | 杭打ち不正  | おでん100個を自爆営業 ブラックバイトと闘うには  | SNS各社に返金訴訟、携帯電話会社に損害賠償請求・コンプガチャ問題  | 2円玉  | あなたのまわりの学会員  | 臥薪嘗胆  | 稲田朋美が「男も女も自衛隊体験を」  | きんぴらつくった  | 根性焼きの件  | TSUTAYAも格安スマホ発売へ ベンチャーと提携  | カレー、キムチ、ソースの3つは犯罪!!  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
同感!わざわざ難しい言い回しをしたり、専門用語を使っている気もする(後者は本当に自分が無知なのかも)
ちょっと違うが私は、人の話に一々訂正を入れたり、例外を述べて話の腰を折る人間を理系人間と呼んでいる。
「UFOって本当に来ていると思う?」「UFOって未確認というだけで地球外生物の乗り物を指す言葉ではない」とか。
無冠の科学評論家さん】(No.2)
大学なんかの教科書は別だ。いくらいやらしくてもむづかしくても理解していかねばならないだろう。問題は一般の科学啓蒙書だ。たしかに読みやすく、理解しやすいものは少ない。モリスとかダイアモンドとかやっぱ外国の学者にいいものが多いが、日本の学者にだっていないわけではない。最近読んだ「ハダカの起原」は面白かったぞ。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。