理工系の本
 理工系の本
2008.3.30(日)
その他の記事| カフェクロワッサン  | 石焼きビビンバ  | ニセ札対策としてのダイカット  | 減塩の実態とは  | ギャグ?日経新聞の写真  | 自己責任  | ビールじゃない酒なんて。  | 戦争反対は当然。恐ろしいのは、それを言わなくなるという、人間の変化だ。  | 自治会と労組が民主的でない件  | 中国がパクリ曲?  | 自己弁護に徹していた班目安全委員長 学者の良心に目覚める  | 事業仕分けって、目標額に遠く及ばず失敗だったのかと思ったけど  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
同感!わざわざ難しい言い回しをしたり、専門用語を使っている気もする(後者は本当に自分が無知なのかも)
ちょっと違うが私は、人の話に一々訂正を入れたり、例外を述べて話の腰を折る人間を理系人間と呼んでいる。
「UFOって本当に来ていると思う?」「UFOって未確認というだけで地球外生物の乗り物を指す言葉ではない」とか。
無冠の科学評論家さん】(No.2)
大学なんかの教科書は別だ。いくらいやらしくてもむづかしくても理解していかねばならないだろう。問題は一般の科学啓蒙書だ。たしかに読みやすく、理解しやすいものは少ない。モリスとかダイアモンドとかやっぱ外国の学者にいいものが多いが、日本の学者にだっていないわけではない。最近読んだ「ハダカの起原」は面白かったぞ。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。