理工系の本
 理工系の本
2008.3.30(日)
その他の記事| 国内の温泉で、軽油を作る微生物を発見  | 報ステで古舘氏が謝罪「事態を防げなかった…」  | 森友問題で分かった安倍の弱点  | パソコンがクラッシュしたといういいわけ  | 角にはすわらない方がよい  | 従軍慰安婦像のこと  | カレーとキムチとソースは別格。  | 残念ながら、日本だってインチキな国なのだ。  | 焼岳、安房峠、噴火、御嶽山。  | ストリンガー氏のソニー再建計画に異議あり!(麻倉怜士)  | 母の教え  | さくら漬け  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
同感!わざわざ難しい言い回しをしたり、専門用語を使っている気もする(後者は本当に自分が無知なのかも)
ちょっと違うが私は、人の話に一々訂正を入れたり、例外を述べて話の腰を折る人間を理系人間と呼んでいる。
「UFOって本当に来ていると思う?」「UFOって未確認というだけで地球外生物の乗り物を指す言葉ではない」とか。
無冠の科学評論家さん】(No.2)
大学なんかの教科書は別だ。いくらいやらしくてもむづかしくても理解していかねばならないだろう。問題は一般の科学啓蒙書だ。たしかに読みやすく、理解しやすいものは少ない。モリスとかダイアモンドとかやっぱ外国の学者にいいものが多いが、日本の学者にだっていないわけではない。最近読んだ「ハダカの起原」は面白かったぞ。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。