生体認証の不安
生体認証の不安
2007.4.27(金)
その他の記事| かけがえのない鮭  | 30年間で交通事故により自分が死亡する確率は0・2%、自宅が火災に遭う確率は2%  | 調布飛行場 墜落事故の影響  | 陰湿な小沢イジメは常軌を逸している  | 理工系の本  | 憲法改正案は、1つでも賛成できないものがあったら反対票を投じること。  | B-1グランプリや、(最近の)B級グルメのうさんくささ  | また、ロト6はずれた。  | 杭打ち不正  | 消費税が上がると言うこと  | IEの戻るボタンが大きくてやだ、小さくする方法  | さらば菅  
削除キー:   管理用:
Pちゃんさん】(No.1)
「指紋、静脈、虹彩によって認証」が不安?
しないほうが安心ですか?
安心できる方法とは?
現時点では印鑑を盗むより1万倍(仮)指紋などを盗み、複製するほうが難しいと思います。
ちなみにとある銀行の指紋だか静脈だかの認証は
暗証番号との併用です。
無冠のセキュリティ研究家さん】(No.2)
虹彩によるセキュリティ突破の例は数年前に読んだミステリー「ダ・ヴィンチコード」にあったと記憶しているが、あの時は当人を殺害して目をくりぬき、使用していた。これほどのことをしなければ現状でもこのキーは騙せないのだろう。だが私などは更にセキュリティの精度は上げられると思っている(生体と死体(非生体)の差異判別-温度とか-などが考えられるし、これは指紋判別でも応用できるはずだ。つまり、印鑑を偽造するようなわけにはいかないということだろう。それくらいのことは今の技術でもすぐ可能と思う。wikipediaにどう説明されているか分からないが、最先端の担当プロが書いているとしたら随分頭の固いプロだな。プロにもいろいろあるわけだ。

【コメントを投稿する】
お名前:
メールアドレス: (省略可)

削除キー: (省略可)
・削除キーを用いて可能なのは「削除」だけです。投稿後の編集はできません。
・文字数は1000バイトまでです。
・コメントを削除する時は、記事本文の下の「削除キー」欄に削除キーを記入して、コメントの横の「削除」ボタンをクリックして下さい。